地域を選んでください
Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
المملكة العربية السعودية (Arabic)
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States

MarsでFreeDを有効にし、MarsAximmetryに追加する

FreeDは、カメラがトラッキングデータ(変形、回転、フォーカス、ズームなど)をバーチャルプロダクションシステムに直接送信するために使用する業界標準のプロトコ ルです。 FreeDにより、プロダクションシステムはハードウェアを追加することなく、リアルなバーチャルスタジオセットを映像作品に取り込むことができます。

ここでは、MarsでFreeDを有効にし、 MarsAximmetryに追加する方法について説明します。

  1. MarsダッシュボードでSettingsをタップし、ファームウェアバージョンを確認します。Marsファームウェア2.03.999.1以降がインストールされていることを確認します。

    ファームウェアのアップデート方法については、Marsファームウェアを手動で更新するをご覧ください。

  2. MarsダッシュボードでNetworkをタップし(またはネットワークがアクティブな場合はMars IPをタップ)、次にCamera tracking protocolsをタップします。
  3. FreeDをオンにし、コンピュータのIPアドレスを入力します。
  4. コンピュータでAximmetryを起動します。 起動時の設定ウィンドウが表示されます。
  5. 左枠のDevice Mapperをクリックします。
  6. カテゴリで、Camera Trackingを選択し、Manage Devicesをクリックします。
  7. Manage Devicesダイアログボックスで、Camera TrackingにあるFree-Dを選択し、Addをクリックします。
    Add Deviceダイアログボックスが表示されます。
  8. UDP portの欄にMarsダッシュボードのCamera tracking protocols画面のFreeDに表示されるポート番号を入力します。
  9. Camera IDの欄で1を選択し、MarsRover 1のイーサネットポートに関連付け、OKをクリックします。
  10. 7~9のステップを繰り返し、Rover 2とRover 3を追加します。Camera IDの欄で、23をそれぞれ選択します。
送信
ありがとうございました!フィードバックをいただければ、お役立ち情報の提供を改善してまいります。