地域を選んでください
Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
المملكة العربية السعودية (Arabic)
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States

Composureを使ってメディアソースを設定する

ここでは、Unreal Engineの標準グラフィックユーティリティプラグインであるComposureを使って、メディアソースを設定する方法を説明します。
  1. World Outlinerパネルで、MediaBundle-01を選択します。
  2. Detailsパネルで、Media Bundleのアイコンをダブルクリックすると、設定パネルが開きます。
  3. Media Sourceで、ビデオキャプチャカードに関連するメディアソースを選択します。カメラの発信するビデオフィードと設定が一致していることを確認してください。
    設定を変更した場合、Applyを必ずクリックしてください。
  4. Is SRGBInputが選択されていることを確認し、Saveをクリックします。
  5. Detailsパネルで、Media Bundleの下にあるRequest Play Mediaボタンをクリックします。
  6. World Outlinerパネルで、MediaPlateを選択し、DetailsパネルでT_MediaBundle-01_BCMedia Sourceとして選択します。
  7. Transform Passes > Chroma Keying > Key Colorsへ進み、+ボタンをクリックしてキーカラーエレメントを追加し、ピッカーボタンをクリックしてColor Pickerを開きます。
  8. 正しい緑の値を選択し、Eye Dropperを使って、MediaPlateプレビューに追加します。
  9. World Outlinerパネルで、LiveCompエレメントを選択し、結果を表示します。

メディアソースを設定すると、キャリブレーションデータをインポートする準備が整います。詳しくは、Unreal Engineへキャリブレーションデータをインポートするをご覧ください。

送信
ありがとうございました!フィードバックをいただければ、お役立ち情報の提供を改善してまいります。