地域を選んでください

Australia
Österreich
België
Canada
Canada - Français
中国
Česká republika
Denmark
Deutschland
France
HongKong
Iceland
Italia
日本
Korea
Latvija
Lietuva
Lëtzebuerg
Malta
المملكة العربية السعودية (Arabic)
Nederland
New Zealand
Norge
Polska
Portugal
Russia
Saudi Arabia
Southeast Asia
España
Suisse
Suomi
Sverige
台灣
Ukraine
United Kingdom
United States

高精度なアイトラッキング

現実世界のようなインタラクションをVRで

両眼の動きと瞬きをVR空間のアバターに反映します。拡張現実内での会議、グループチャット、リモートによるコラボレーション時に表情や非言語による表現が可能です。

VRを使用している人。VRアバターと一緒にいる。アイトラッキングを使用して視線の動きや瞬きを追跡。 VRを使用している人。VRアバターと一緒にいる。アイトラッキングを使用して視線の動きや瞬きを追跡。 VRを使用している人。VRアバターと一緒にいる。アイトラッキングを使用して視線の動きや瞬きを追跡。 VRを使用している人。VRアバターと一緒にいる。アイトラッキングを使用して視線の動きや瞬きを追跡。 VRを使用している人。VRアバターと一緒にいる。アイトラッキングを使用して視線の動きや瞬きを追跡。
中心窩レンダリング:GPU負荷を最適に割り当て可能

ユーザー視線に基づいてグラフィック解像度を最適化し、GPUのレンダリング負荷を軽減します。より自然に見える映像にレンダリングすることでパフォーマンスを向上させます。

VRを医療で活用する場合の中心窩レンダリングのデモ。人の肩にフォーカス。
シンプルな入力とナビゲーション

VRをもっと直観的な体験に。視点によるメニュー・ナビゲーションを実装しています。ポイント、選択およびズームをより速く、より簡単に。より自然な動きやジェスチャーによるVR空間でのコントロールが可能になりました。

VRとアイトラッキングを使用してコントロールと入力をする人 VRとアイトラッキングを使用してコントロールと入力をする人 VRとアイトラッキングを使用してコントロールと入力をする人
拡張可能なマルチユーザーパラダイムを創造

SteamVR™ Tracking 2.0により、死角のない広範囲での高精度なトラッキングが可能です。起立位・着座位~100㎡以内のルームスケールでのマルチユーザー環境に対応します。

*4個のSteamVR Base Station 2.0を使用する場合、10m x 10m以内。付属の2個のベースステーションを使用する場合、5m x 5m以内。
3 people wearing VIVE Pro Eye VR headset in the same wide-area VR space. SteamVRTM Tracking. 3 people wearing VIVE Pro Eye VR headset in the same wide-area VR space. SteamVRTM Tracking. 同一の広いVRスペースにいる、VIVE Pro Eye VRヘッドセットを装着した3人のユーザー。 SteamVRTM Tracking。 同一の広いVRスペースにいる、VIVE Pro Eye VRヘッドセットを装着した3人のユーザー。 SteamVRTM Tracking。 同一の広いVRスペースにいる、VIVE Pro Eye VRヘッドセットを装着した3人のユーザー。 SteamVRTM Tracking。

深い没入感と快適性

忠実なプレミアム映像

息をのむようなグラフィック、文字、テキスチャで再現されるシミュレーション映像を映し出します。合計解像度2880 x 1600ピクセル(615 PPI)のデュアルOLEDディスプレイで細かい描写も再現される映像世界へ飛び込もう。

VIVE Pro Eye VRヘッドセット内側のクローズアップ。デュアルOLEDディスプレイが見える。
重要な意味を音で表現

現実世界の空間音響(音量、ピッチ、反響)を今まで以上に再現することで忘れられない体験ができます。

VIVE Pro Eye VRヘッドセットのクローズアップ。
快適性とバランス

すべてのユーザーに快適を。着脱しやすいように、簡単に調節できるように、そして長くお使いいただけるように細部までこだわって設計されました。頭の大きさを問わずフィットします。調整可能なレンズで目の疲れを最小限に抑えます。ほぼすべての目のタイプに対応し、メガネのままでも使用可能です。

VIVE Pro Eye VRヘッドセットを装着した人。真横から見たVIVE Pro Eye。