VIVE Consumer Editionを価格改定
8月21日より国内価格を84,110円(税込)に

~Tilt Brushの同梱を再開。VIVE READY PCとのセット1万円割引も順次展開~


ハイエンドのVR(バーチャル・リアリティー)体験を牽引するHTC VIVEは、VIVE Consumer Edition(以下VIVE CE)の国内希望小売価格を8月21日(月)より以下の通り改定し、ハイエンドVR体験をより多くのお客様に対してお買い求めいただきやすい価格にてご提供致します。

改定前 107,784円(税込)/99,800円(税抜)
改定後  84,110円(税込)/77,880円(税抜)

また、従来からVIVE CEご購入者様にご提供中の「Everest VR」、「Richie's Plank Experience」、「Viveport 1か月無料トライアル」に加え、国内のバラエティ番組やイベントにて「3Dお絵描きソフト」として多数の使用実績がある、「Tilt Brush」のご提供が同日から再開されます。

さらに、日本では、VIVE CEとVIVE READY PCのセットをお買い求めのお客様に対する、台数限定での1万円割引キャンペーンを実施致します。対象セット商品につきましては各販売店舗にて順次展開いたしますので、VIVE正規取扱販売店( https://www.vive.com/jp/storelocations/ )での今後の告知にご期待下さい。

今回の価格改定について、HTC CEOのシェール・ワンは次のようにコメントしています。 「最先端のテクノロジーで最高のVRシステムを提供し、地球上でVRをマスマーケットに普及させることが、VIVE事業の使命になります。その使命を実現させるために、今回の価格改定でより多くのお客様にVRをご提供し、VR業界全体を推進していきます。VIVEの革新的な技術、最高のコンテンツ、そして他に例を見ない豊富なグローバルパートナーが、VRの時代の本格到来を約束しています。今後投入される新タイトルやVIVEトラッカー対応のアクティビティの増加により、最高の没入感を誇るVR体験をVIVEで楽しむのに、今が最適なタイミングとなっています。」

グローバルで何百ものアワードを受賞しているVIVEは、基本パッケージでルームスケールVRを提供している唯一のプロダクトになります。基本パッケージには、高精度のトラッキングを可能にする2つのベースステーション、没入感の高いVR体験を可能にする2本のコントローラー、発売当初より細く、扱いやすくなった3-in-1ケーブルと、こちらも発売当初より軽量化されたHMD本体が全て含まれており、購入してすぐルームスケールVRを設置することができます。

直近の VRDCのVR/ARに関するレポート では、VIVE向けのコンテンツが他のどのVR/AR/MRプラットフォームよりも多く開発されており、今後開発予定のコンテンツもVIVE対応が一番多くなっています。SteamおよびViveportでリリースされている3,600以上のタイトルに加え、今後AAAタイトルの増加も見込まれているVIVEは、今後も開発者およびエンドユーザーに選ばれ続けるプラットフォームとなることが予想されています。

また、 Steamでの統計では、ハイエンドVRヘッドセットを利用しているSteamユーザーの中でVIVEが60%のシェアを占めており、この1年間でVIVEのシェアは20%以上増加しているという結果も出ています。

VIVEについて

VIVEは、 ゲーム業界を始め、建築、医療、教育など、様々な業界で非常に高い評価をいただいている、今最も注目されているデバイスの一つです。 国内販売パートナー様による実店舗での体験コーナーやストアイベントなどにおいても、一般のお客様から大きな注目を浴びております。VIVEに関する情報は、 http://www.VIVE.com/jp/ をご覧ください。